昔は子どもの病気と言われていましたが、現代では大人でも罹るという名前の「喘息」になる原因とは、何なのでしょう? 喘息になる原因は、大きく分けて以下の3つに分類されます。 ・アレルギー体質(遺伝的要因) ・気道過敏性 ・大気汚染などが代表の環境要因 まず、喘息は元々のアレルギー体質が要因で起きる人がいます。 アレルギーが原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)であれね、そのアレルゲン(吸入性アレルゲン、刺咬性アレルゲン、食餌性アレルゲン、薬剤性アレルゲンなどに分けられています)となるものを排除する事で軽減することが可能です。 それに、気道過敏性が原因で喘息発作が起きる人もいるかもしれません。 気道過敏性とは、一般の人よりも気管支などが敏感な体質のため、僅かな煙草の煙や香水の香り、動物の羽毛などを吸引しただけで、気道が収縮してしまう症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)です。 喘息発作を持っている人の殆どに、気道過敏性の症状があると言われています。 また、季節の変わり目や気圧の変動、あるいは、排気ガスや公害などの大気汚染が原因で、喘息発作を起こしてしまう人も少なくありません。 特に、高度経済成長期の1950年代から1970年代には、日本中の至るところで公害が原因の病気が発生し、喘息はその代表格のようなものでしたー